デキる一流のビジネスマンは爽やかでカッコいい!【マナーと汗の関係】

「デキる一流のビジネスマン」と聞いたとき、あなたの頭に浮かぶのはどの様な人物像でしょうか?

例えば、ソフトバンクの孫会長、楽天の三木谷会長、米国であればAmazonのジェフ・ペゾス会長、Facebookのマーク・ザッカーバーグ会長、といった世界にその名が知られている超ビッグネームである人かもしれませんし、もっと身近な人かもしれません。

ところで、あなたが思い浮かべた「デキる一流のビジネスマン」が、顔に大量の汗をかき、背中やワキに大きく目立つ汗シミを作っている場面が想像できるでしょうか?

私はできません。。。

これは比較的に身近にいらっしゃる方でも同じであるように思います。
会社の上司で”デキる”と言われている方々や取引先でキーパーソンと呼ばれている方々には、「汗をかく」というイメージがありませんよね。

目次

デキる一流のビジネスマンが「汗をかかない」その秘密 【注:そんな訳ありません】

デキる一流のビジネスマンが「汗をかかない」その秘密 【注:そんな訳ありません】

実際のところ、人間である以上は汗をまったくかかない筈はありませんが、不思議な事にそういった場面は想像できないのです。

それは何故か?

デキる一流のビジネスマンは、日頃から以下の事に気を配っているからだと思います。

・周囲の方々に不快感を与えない
・自分自身のイメージを大切にする(ブランディング)

要するに「デキる一流のビジネスマンだから汗をかかない」のではなく、「そう見えるぐらい気を使える人がデキる一流のビジネスマンになれる」という事なのでしょう。

上記の2つが何故重要か、もう少し掘り下げてみましょう。

周囲の方々に不快感を与えない

世の中にマナーと称される決め事は数多ありますが、その根底にあるのは

「周囲の方々に心地よい思いをしてもらう、不快な思いをさせない」

という思想だと思います。

あなたが何らかの理由で顔に大量の汗をかき、背中やワキに汗シミを作っていたとしたら、その光景は(汗をかいている理由が一生懸命に仕事をした結果であったとしても)、周囲の方々にとっては見苦しいものに見えてしまうでしょう。

自分自身のイメージを大切にする(ブランディング)

超一流のビジネスマンと言われる方々は、マナーの観点以外にも意識している重要な観点があると思われます。
それは、自分自身の価値(ブランド力)です。

つまり、人から見て好ましくない印象を与えるとマイナスイメージにつながるため「見苦しい姿はみせられない」という事です。

しばしばメディアなどに登場し不特定多数の人から注目を浴びる人々の宿命とも言えるかもしれませんが、あなた自身が周囲の方々から一目置かれ「あの人はデキる」と思われたいのであれば、そういった意識と気遣いが必要になるでしょう。

それでも汗はかく!ビジネスシーンで実践できる対処方法は?

汗とマナーの関係は上述の通りですが、暑い夏に外回りのお仕事をすれば、汗をかくなと言う方が難しいでしょうから、ちょっとした気遣いをしましょう。

それでも汗はかく!ビジネスシーンで実践できる対処方法は?

必要に応じて汗を拭きとれるように汗拭き用のハンカチを持ち歩く

基本的な事ですが、かいた汗をすぐに拭きとれるようにハンカチを持ち歩きましょう。

ちなみに、タオル地のハンカチは肌触りがよく汗の吸い取りにも優れているので使いやすいのですが、ビジネスマナーとしては好ましくないのでビジネスシーンでの使用は避けましょう。

ハンカチはできればスーツのポケットではなく、カバンに入れて持ち運びましょう。
その方がスーツのラインが崩れずに済み、より整った印象を与える事ができます。

取引先を訪問する場合には少し早めに到着して汗がおさまる時間を確保する

真夏に取引先を訪問する際には移動中に大量の汗をかく事が多いと思います。

そこで、約束の時間より30分ほど早く到着して涼しい場所で待機しましょう。

訪問先やその近くで涼しい場所が確保できる場合には有効な対策になります。

見苦しい汗をかかなくて済むように工夫する

そもそも汗をかかずに済むように工夫する事ができれば根本的な解決策になります。

例えば、タクシーなどを利用して歩く距離を少なくする方法は有効ですね。

また、市販の制汗剤を活用して発汗量を抑えるのも有効な手段だと思います。最近では全身にスプレーして使用でき、瞬間的に制汗できる制汗剤も市販されています。

【参考記事】
1本で全身の汗と体臭をケア!トリムクール制汗スプレーの効果と使い方

【メーカーの公式サイトはこちらへ】

男性特有の顔のトラブルである汗・テカリ・臭いをトリムクールで瞬間ケア

まとめ

汗をかくほど一生懸命に仕事に打ち込む姿そのものは周囲の方々に好意的に受け止められるかもしれません。
しかし、外見に限って言えば、シャツに背中やワキに大きな汗シミができ、顔から大粒の汗が流れ落ちているビジネスマンはマイナスのイメージしか持たれません。

あなたなりの工夫で適切に対処し、デキる一流のビジネスマンを目指しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる