ものもらい?めばちこ?デキるビジネスマンのための”麦粒腫”の豆知識

皆さんは「ものもらい」という目の病気をご存じでしょうか?ご存じない方は「めばちこ」ならご存じでしょうか?あるいは、「めっぱ」、「めいぼ」、「めんぼ」、「おひめさん」ではいかがでしょう?

これらは、地域ごとに呼び方が異なるだけで、すべて同じ病気で、正式な病名は「麦粒腫」といいます。

今回は、この麦粒腫について記事をまとめてみます。ちなみに記事の中ではもっとも一般的と思われる「ものもらい」と記述します。

目次

ものもらいの治療は迅速に!すぐに眼科を受診しましょう

ものもらいは目のかゆみ、目を閉じたときに感じる痛み、が特徴の目の病気です。

眼科を受診して正しく治療すれば2週間程度で完治できるのですが、処置を誤るとなかなか治りにくい病気で、結果的に症状を悪化させてしまうリスクがあります。

ちなみに症状がかなり悪化すると、まぶたが腫れ上がり、腫れたまぶたに膿(ウミ)がたまるそうで、こうなると切開手術が必要になります。

手術は日帰りで済むそうですが、忙しいビジネスマンである皆さんは、初期段階で時間をかけずに迅速に治しておきたいですね。まずは眼科を受診しましょう。

ものもらいの原因と対策は?

そもそも「ものもらい」とはどの様な病気なのでしょうか?

ものもらいを大雑把に表現すると「細菌によって引き起こされるまぶたの炎症」です。ここで言う細菌とは、ものもらいを発生させる「ものもらい菌」という菌が存在するわけではなく(注:そんな菌は存在しません。。。)、ごく普通に人間の皮膚に付着しているブドウ球菌などの「常在菌」の事です。

つまり、誰でももっている細菌が原因です。

ということは、我々は日常的にものもらいを発症してしまいそうですが、決してそんなことはありません。なぜなら、人間は免疫によって常に細菌に抵抗しているからです。

しかし、例えば疲労が蓄積していたり、別の病気で抵抗力が弱まっていたりすると、最近の活動を抑えきれずにものもらいを発症してしまう事があります。

また、免疫は正常に働いていても、目の周辺が「不潔」な状態になっていると発症するリスクが高まります。実際に汗を大量にかく夏場は患者が増える傾向にあるそうです。

なお、コンタクトレンズや女性が目の周辺にほどこす化粧は、場合によっては汚染を目の周辺に運ぶ可能性があるため注意が必要です。

ものもらいを予防するためには、疲労をためないように規則正しく健康的な生活を心がけ、また目の周辺を清潔に保つことがポイントになると思います。


*先日、「柿渋」に関して記事をまとめたのですが、柿渋には常在菌の活動を抑制する効果があります。ご興味があれば参考にしてください。

口臭・体臭ケアに柿渋の消臭パワー!デキる男のビジネスマナー

ものもらいの治療方法は?

症状が軽い場合は、眼科で抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏が処方され、約2週間程度で治ります。しかし、上述した様に症状が進むとまぶたにウミがたまってしまうため、切開手術をする必要が出てきます。出来るだけ早くに眼科を受診して適切な治療を受けましょう。一流のビジネスマンは少しでも時間をムダにしてはいけませんよ!

ものもらいは「うつる?」その名前の由来

冒頭にも少し書かせて頂きましたが、ものもらいという病名は通称で、正式には「麦粒腫」と言います。では、何故「ものもらい」という通称が生まれたのでしょうか?

皆さんは「ものもらい」という病気は人から人へと「うつる」病気で、病気をもった人から病気を「うつされる=もらう」から、「ものもらい」という名前で呼ばれている、と思っていませんか?

確かにそういうイメージが湧いてくる名前なのですが、実際にはそうではなさそうです。

これには諸説ありますが、医療がいまほど発達していない昔に、この目の病気にかかった人が、「三軒となりの赤の他人の家に行って何かものをもらうと病気が治る」といわれていたため「ものもらい」という通称が生まれたそうです。

従って、通称から人にうつるとイメージしてしまいがちですが、実際には人と人の間で感染したりはしません。うつす心配も、うつされる心配もありませんので、自分自身が発症しないよう注意しましょう。

番外編: 日本全国の ものもらい(麦粒腫)の呼び方

ものもらい(正式名称:麦粒腫)は地域ごとに異なる通称で呼ばれています。ちなみに「ものもらい」という呼び方は主に関東圏とそれ以東で多用されている様です。

ロート製薬株式会社のサイトに「ものもらいマップ」という、ものもらいが全国でどの様に呼ばれているのか、地域ごとに多い呼び方や、年齢、性別による検索・絞り込みができるという、かなりマニアックなページがありました。

ご興味があれば一度ご覧になってみてください。
(あまりにもマニアックなので、おもわず “クスっ” とニヤけてしまいました。。。ここまでやれる情熱に感服します)

https://jp.rohto.com/learn-more/eyecare/monomorai/map/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる