SWOT分析(スウォット分析)とクロスSWOT分析 その目的、メリット、活用方法

今回は経営理論やマーケティング理論が語られる場面で必ずと言ってよいほど登場する”SWOT分析”に関して記事にまとめます。

SWOT分析を一言で表現するならば、

「現状を見つめ直し新たな事業戦略を発想する起点をつくるフレームワーク」

でしょうか。

使いこなせれば、経営・事業の活性化を検討する際におおいに役立つフレームワークです。

SWOT分析という言葉は耳にしたことがあるけど、実際のところどういう分析手法なのか良く分かっていない方や、使い方が分からない、何の役に立つのか分からない、といった方まで、できるだけ多くの方にご理解頂けるよう分かりやすく説明していきたいと思います。

目次

SWOT分析とは? SWOT分析の概要とやり方

SWOT分析とは? SWOT分析の概要とやり方

SWOT分析は、分析対象となる企業(多くの場合、自社)の内部環境と外部環境に関して、好ましい状況(ポジティブな状況)と好ましくない状況(ネガティブな状況)、を洗い出すことによって企業が置かれた状況を明確にするフレームワークです。

同時に、その分析結果を足がかかりとして新たな事業戦略を発見するためのフレームワークでもあります。

(内部環境 & 外部環境) × (好ましい状況 & 好ましくない状況)のマトリックスで現状を分析すると、4つの観点で現状が見えてきます。

・内部環境のポジティブな状況 → 企業にとっての強み(Strength)
・内部環境のネガティブな状況 → 企業にとっての弱み(Weakness)
・外部環境のポジティブな状況 → 企業にとっての機会(Opportunity)
・外部環境のネガティブな状況 → 企業にとっての脅威(Threat)

これら4つの観点の英語の頭文字をとって”SWOT分析”と呼ばれています。

ちなみに、これをマトリックス図で表現すると下図の様になります。

ポジティブな状況ネガティブな状況
内部環境Strength
強み
Weakness
弱み
外部環境Opportunity
機会
Threat
脅威

このマトリックス図を使って、4つのマスに現状を書き込んでいくと、企業が置かれた状況が明らかとなり、俯瞰的に見ることができる様になります。

なお、SWOT分析は企業が置かれた現状を明らかにするための分析ですから、希望や願望といった「想い」は排除し、客観的な事実にもとづいて分析する事が大切です。

また、いきなりSWOT分析から手を付ける事も可能ですが、外部環境分析として一般的なPEST分析や、自社、競合、市場を俯瞰的に分析する3C分析などを事前に実施しておくと、内部環境と外部環境に対して網羅的に分析できます。

SWOT分析の前にこれらの分析を実施される事をおすすめします。

SWOT分析のメリット

メリット1: MECE(抜け漏れなく、ダブりなく)に現状を明確にできる

SWOT分析は、企業が置かれた状況を明確にするために必要な観点が適切に整理されフレームとして提供されているため、誰でもMECE(抜け漏れなく、ダブりなくに現状分析できるというメリットがあります。

メリット2: 共通認識のもとスムーズかつ活発な議論ができる

同様の理由で、複数人で分析を実施する場合や、分析結果をレビューして事業の方向性を議論する際に、参加者が共通認識をもって思考する事ができるので、分析や議論をスムーズかつ活発に進めることができます。

実際に使用される場合にはこれらのメリットも意識しながら使用されると良いでしょう。

SWOT分析の実施目的と活用方法

SWOT分析の実施目的と活用方法

前述の様にSWOT分析は企業が置かれた現状を明らかにしてくれます。

しかし、現状を明らかにすることが最終目的ではありません。明らかになった現状を踏まえて企業が進むべき新たな事業戦略を見出す事がSWOT分析を実施する本当の目的です。

では、出来上がった分析結果を見て今までは気付かなかった新たな事業戦略を見いだせるでしょうか?

もしそれが出来たならば素晴らしい事です。

しかし、現状分析だけで事業戦略まで発見・発想できる方はそれほど多くない様に思います。

そこで、次は、S・W・O・Tの観点で現状把握した結果を使って、有益な事業戦略を見出すフレームワークを行います。

これが”クロスSWOT分析”です。

クロスSWOT分析と4つの戦略

クロスSWOT分析と4つの戦略

クロスSWOT分析では、SWOT分析によって現状把握した結果を踏まえ、認識した機会(Opportunity)と脅威(Threat)に対し、自社の強み(Strength)と弱み(Weakness)を組み合わせる事によって有益な事業戦略を見出します。

具体的には以下のマトリックス図にある4つの観点で思考し、戦略のアイディアを探ります。

Strength
強み
Weakness
弱み
Opportunity
機会
SO戦略
強みで機会を活かす。
WO戦略
発想転換。弱みを活かして機会を得る。
Threat
脅威
ST戦略
強みを活用して脅威を取り除く。
WT戦略
リスク回避。弱みと脅威の共存回避。

SO戦略(Strength-Opportunity):

強みを使って機会を活かす、という観点で発想します。

WO戦略(Weakness-Opportunity):

ピンチをチャンスに変える発想の転換が必要です。弱みとして分析した項目が、使い方・考え方を変えることによって「強みに変わらないか?」と自らに問いかけてください。

ST戦略(Strength-Threat):

自社の強みを活かして脅威を防止・回避する戦略です。やがて訪れる脅威(自社にとってネガティブな状況)に対して先手を打つことで、ネガティブな影響を回避する、或いは最小化するための戦略です。

WT戦略(Weakness-Threat):

脅威(ネガティブな状況)を感じている事象に関して自社の弱みが存在すると、実際に脅威が現実のものとなった場合に、企業が大きなダメージを受ける可能性があります。そのリスクを低減するために、脅威と弱みの両方が同時に存在する状況を改善する戦略です。
つまり、「脅威を回避する」か「弱みを克服する」ための戦略を発想する事を目指します。

SWOT分析は現状を明らかにするための分析ですが、クロスSWOT分析はSWOT分析で明らかになった現状に対して、「我々は何をするべきなのか?」という問いに対する答えを見つけるための分析です。

しかし、従来の常識にとらわれたまま分析を行ってもあまり良い成果は期待できません。
ここで必要となる最も大切な事は、”常識”にとらわれない「発想の転換」と、それによって生み出される「創造的なアイディア」です。

事実を客観的に抽出するSWOT分析とは異なり、「強みを有効に活かすためには。。。」や「弱みを逆手にとって。。。」など、事実を踏まえたうえで、独自の創造的な発想が必要となります。

クロスSWOT分析は、きわめて創造的なプロセスであるべきなのです。

SWOT分析とクロスSWOT分析によって、自社の現状が把握でき、経営戦略の方向性が見出されるはずです。
しかし、より詳細な事業戦略を立案するためにはSTPやマーケティングミックスといったフレームワークを実施するのがよいでしょう。

フレームワークの関係性と戦略立案の流れに関しては、こちらの記事をご参照ください。

・フレームワークを活用した外部・内部環境分析と事業戦略立案

まとめ

企業が置かれた現状を把握し、その状況に応じた有益な事業戦略を発想する際に役に立つSWOT分析とクロスSWOTについてご説明しました。
この手法を用いて、効果的なすばらしい戦略を「創造」してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる