マズローの自己実現理論(欲求5段階説)を仕事とプライベートに活かす

今回は人間のモチベーション(動機付け)や成長に関して心理的な側面から分析・体系化された理論である”マズローの自己実現理論”について記事をまとめます。

別名”欲求5段階説”と呼ばれる有名な理論ですので、今さら説明の必要はないかもしれませんが、先ずはこの理論の概要をご紹介させて頂きたいと思います。

その後、この理論に対する私なりの理解と活用方法について個人的な考えを述べさせて頂きます。

読者の皆様の思考や気づきの一助となれば幸いです。

目次

マズローの自己実現理論(欲求5段階説)とは? その概要をご紹介

アメリカの心理学者であったエイブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908年-1970年)が、「人間が自己実現に至るまでに感じる欲求」を5段階に分類して整理したのが、自己実現理論(欲求5段階説)です。

その内容を大雑把な文章で表現すると、「人間は最高の欲求である自己実現を目指すものであり、そこに至るまでには4つの欲求が段階的に充足される必要がある」となります。

つまり人間の欲求には段階があり、それらの欲求が順に満たされていくことによって、最高の欲求である自己実現が達成される、という考え方です。

この理論で述べられている5段階の欲求は以下のとおりです。

・自己実現欲求
・承認欲求
・社会的欲求(所属欲求、愛の欲求)
・安全欲求
・生理的欲求

下に書いてある欲求ほど、生命としての根源的な欲求に近く、優先的に満たされる必要があります。そしてそれが満たされると次の段階、つまりより上位の欲求へと段階が上がっていきます。

次の章で、それぞれの段階についてご説明します。

欲求の5段階について解説(下位から上位の順で)

段階1:生理的欲求

生命としての人間の欲求の事です。食事や睡眠といった生命維持に必要な欲求ですので、これが満たされない状態では生きる事すらもままなりません。
生きるために必死にならざるを得ず、それ以外の事には時間も労力も使えません(おそらく、それどころではないでしょう)。

段階2:安全欲求

文字通りあらゆる安全に関する欲求です。危険や苦痛を避ける、経済的な安定性を求める、不測の事態に備える、或いは防止しようとする、といった心理がこれにあたります。
つまり、苦痛や不安がない安心な状態を維持したい、という欲求です。

段階3:社会的欲求(所属欲求)

上述の2つの欲求は個体として自分自身が安全であるために必要な欲求でした。しかし、3つ目のこの段階では自分自身を社会の中の1個人として認識しています。そのうえで、そこに所属している一員である事に役割や価値があり必要とされていると感じたい、という欲求です。
周囲の人たちとの人間関係に悩んでいる人、疎外感を感じている人は、これが満たされていない状態と言えるでしょう。

段階4:承認欲求

文字通り、周囲の人たちから認められたい、という欲求です。例えば、身近なところでは、仕事で自分の提案が認められるとうれしいと感じる、あの感覚です。他にも、周囲から賞賛される、地位、名誉、といったもので満たされます。
しかし、マズローによれば、それだけでは不十分であり、本当の意味でこの欲求が満たされるためには、自分が自分自身を認める“自己肯定”が必要との事です。自己肯定感が不足すると、他者から賞賛されてもこの欲求が満たされず、劣等感を抱いたり無力感に襲われたりする可能性があります。
(皆さん、自分自身をちゃんと肯定しましょう!)

段階5:自己実現欲求

前述の4つの段階が満たされると最終段階の自己実現欲求を感じる様になります。何かに不満がある訳ではないが現状の自分には満足できず、「こういう自分になりたい」、と自分自身が考える ”より良い自分” になりたいと感じる欲求です。新たな知識やスキルを身に付けたい、こういう事にチャレンジしたい、こんな人間になりたい、と主体的かつ前向きな思考にもとづいて行動する様になります。非常に好ましい状態と言えますね。

マズローの自己実現理論(欲求5段階説)についての個人的な見解

マズローの自己実現理論(欲求5段階説)についての個人的な見解

一般的にマズローの自己実現理論は欲求5段階説としてピラミッド状、あるいは階段状の図ととともに説明される事が多いと思います。より下位の欲求から始まり下位の欲求が満たされると上位の欲求が現れ始めるという説明です。

全体像としてはその通りだと思います(生存することすらも危ぶまれる状況にある人が、自己実現欲求を抱くことは容易でないと思います)し、人間の行動の根源的な動機を考えるという観点では非常に体系化された理論であると思います。

しかし、感覚的に違和感をおぼえる部分もあります。

例えば、下位の欲求が満たされていないと上位の欲求が現れにくいという点には同意できますが、どの程度満たされれば上位の欲求が現れるのか、という程度感は人によって異なる様にも感じます。少数派ですが、「三度の飯より○○が好き」という人(食事をしないと生命維持に支障が出る、と感じにくい人)もいるでしょう。

人間関係に悩んでいる人は少なくないと思いますが、こういった人々(社会的欲求や承認欲求が十分に満たされてはいない)が自己実現欲求をまったく感じないかというと、必ずしもそうではなく、様々な悩みを感じつつも”なりたい自分になろう”と努力している人々はたくさんいらっしゃるはずです。

以上を踏まえたうえで、マズローの自己実現理論の活用方法に関して考えたいと思います。

マズローの自己実現理論(欲求5段階説)の活用方法に関する考察

素人が世界的に有名な専門家の理論を批評する事自体が畏れ多いのですが、人間の行動とその根源的な動機となる”欲求”を紐づけて整理されているところが、マズローの理論の優れた点だと私は考えています。

この優れた点のおかげで、ある人の行動の根底にある”欲求(何を必要としているのか)”がどういったものであるのか、或いは分析の対象となっている人がどういう心理状態にあるのか、を推測するための指針を与えてくれます。

もしあなたが部下を抱える組織のリーダーであるならば、部下の言動からその部下の心理状態と欲求を推測できます。そして、その部下に対して上司としてあなたがとるべき行動を教えてくれる事でしょう。

分かりやすい事例として上司としての立場で部下に接する場合をあげさせて頂きましたが、上司と部下の関係に限らず、同僚や、取引先の方とのコミュニケーションにおいても活用できるはずですし、プライベートにおける人間関係においても、相手の心理と欲求を推測するのに役立つはずです。

そして、それ以上に大切なのは ”自分自身の心理状態と欲求” を客観的に理解する際に有効に活用すべきである、という事です。

仕事に集中している時に人間関係のトラブルに見舞われる事はないでしょうか?
そんな時は、仕事に集中し過ぎて、周囲の方々に適切な態度でコミュニケーションできていないかもしれません。つまり、周囲の方々の社会的欲求や承認欲求を満たすためのコミュニケーションが不足している可能性があると思います。
一方、その時あなたは自分自身を客観的に見つめているでしょうか?
もしかしたら、トラブルの原因になっている自分自身の心理状態と欲求が何であるのかを客観的に見つめる必要があるかもしれません。

さらに、あなた自身が”なりたい自分”になって自己実現を達成するためにも、自分自身を見つめ直し、”自己実現欲求”を抱きやすい状態に自分自身を変えるべきだと思います。

最近、仕事が楽しくない、人間関係で悩んでいる、”なりたい自分”になるために頑張ってきたけど冷めてしまった、などなど、類似の症状を感じている方は、マズローの自己実現理論(欲求5段階説)を意識しながらご自身を客観的に見つめ直してみてはいかがでしょうか?

現状を打開し道を切り開く事ができるのは あなた自身ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる