【業界勢力図を可視化!5フォース(5Forces)分析】その目的と使い方

今回は、参入している業界における”収益の出しやすさ”に関し、他の市場関係者とのパワーバランスを踏まえながら把握するためのフレームワーク、”5フォース分析”について記事をまとめます。

分析の目的や簡単な事例をご紹介しつつできるだけ分かりやすくご説明したいと思います。

【この記事の要約】

■5フォース分析とは?
・5つの視点で業界を分析する事により、収益性とその決定要因を明らかにしてくれるフレームワーク分析手法。

■5フォース分析を実施する目的は?
・分析した結果を活かして経営(事業)戦略を立案する事。

■有効な使い方は?
・5フォース分析で業界の現状を把握。それを踏まえてSWOT・クロスSWOT分析を行う事で、自らが実施すべき戦略がより明確になる。

目次

5フォース分析とは?

5フォース分析とは?

5フォース分析は、かの有名なハーバード大学経営大学院のマイケル・ポーター教授によって提唱されたフレームワークで、ある業界に影響を与えている5つの力(Forces/フォース)を分析する事によって分析対象となっている業界の収益性を推し量ろうとする分析手法です。

ポーター教授が提唱した5つの力とは

・競合同士の競争
・売り手の交渉力
・買い手の交渉力
・新規参入の脅威
・代替品の脅威

の5つです。

つまり、業界を取り巻くプレーヤーとして、”業界内の競合”、業界に原材料などを供給する”売り手”、業界にとっての顧客である”買い手”の3者に注目し、その力関係(パワーバランス)に注目するのに加えて、業界にとって脅威となる”新規参入”と”代替品の登場”の可能性を分析する事によって、業界にはたらいている5つの圧力(フォース/Forces)の程度を把握するのです。

ポーター教授は、これら5つの圧力が強くはたらいている業界は収益をあげにくい状況にあるため、その業界で事業を展開しているプレーヤー(企業や人)の収益性は低くなる、と考えました。

即ち、事業を展開するのであれば、5つの力が比較的弱い業界の方が収益を上げやすく都合が良いのです。

では、5つの力の詳細について分析者になったつもりで1つずつ見てみましょう。

5フォース分析(5Forces分析)の詳細

5フォース分析(5Forces分析)の詳細

競合との競争

文字通り業界内における競合との競争の激しさを分析します。つまるところ”競合の多さ”の事です。
実力が拮抗した競合がひしめき合っている様な業界は売り手にとっても買い手にとって選択肢が多いので、価格交渉(価格設定)において立場が弱くなります。それ故に収益をあげにくくなってしまします。さらに、低価格競争に陥りやすいため、増々収益が悪化しやすくなります。

売り手の交渉力

業界に対して主に原材料などを供給している売り手の事です。売り手の交渉力が強いとコストダウンが難しくなるため収益が悪化します。
売り手の交渉力が強まる要因は、「売り手のプレーヤーが少なく寡占状態である」、「売り手の商品が唯一無二のオンリーワン商品や技術である」、「業界内の競合が多い」などがあります。

買い手の交渉力

買い手、つまり業界にとって顧客である人々の交渉力の強さです。これが強いという事は値下げ圧力を強く受けるという事を意味しています。従ってその業界は業界全体として低価格競争に陥りやすくなり、収益が出しにくい業界と言えます。
買い手の競争力は、「業界内の競合が多い=買い手にとっての選択肢が多い」「販売品の差別化が難しい」「買い手の業界が寡占状態で数社の強大なプレーヤーが大きな購買力を有している」といった場合に強くなります。

新規参入の脅威

分析対象としている業界に対して新規の競合が参入してくる可能性を分析します。つまり、業界に対する新規参入障壁の高さを見極めるという事です。
一般的に参入障壁となる要素は、特別な技術やノウハウを必要とする、既存プレーヤーが既に規模の経済性を活用している、巨額の投資が必要、規制、などがあると言われています。逆に、こういった要素が少ない業界は、比較的参入しやすい業界であり、新規参入者が業界に現れるリスクが高いと言えます。
容易に新規参入できる業界は競合が増えやすい事を意味しており、即ち、競争が激化しやすいため収益性は簡単に低下してしまいます。

代替品の脅威

業界の顧客に対して販売している商品に対して、その商品が提供している”価値”と同等以上の価値を有する別の商品が登場すると、相対的に業界と業界で取り扱う商品の価値が低下するため、収益性が低下します。
尚、代替品によって破壊的イノベーションが起こった場合は、業界そのものが消滅する可能性があります。

5フォース分析では、5つの視点に関し個々に分析していきますが、それぞれの視点に対してどの様な要因が影響を与えるのかを理解し、かつ、業界を取り巻く環境を正しく把握したうえで分析する必要があります。

新たな業界に新規参入を検討している場合には、事前に業界に関する情報を綿密に集めて分析を実施しましょう。

5フォース分析の目的

5フォース分析の目的

5フォース分析は業界の関係者(競合、売り手、買い手)のパワーバランスと業界を取り巻く脅威(新規参入、代替品)を分析する事により、業界の収益性の高さ(低さ)を把握すると同時に、その収益性の高さ(低さ)を決定付けている要因を明らかにしてくれます。
しかし、業界の収益性やその決定要因を明らかにする事そのものが目的ではありません。次の章でご紹介する様に、5フォース分析から得られた分析結果に基づいて自らの行動、即ち経営(事業)戦略を立案する事が目的です。

分析だけ実施して満足してしまわない様に気を付けてください。

5フォース分析の使い方

前述しましたが、5フォース分析を実施すれば、業界の収益性とその決定要因を明らかにする事ができ、その結果を踏まえた戦略立案が可能となります。
現状を踏まえたうえで経営・事業戦略を立案する場合や、新しい業界に参入する前の企画初期における分析として有効に活用できるはずです。

また、同じく環境を分析するための手法であるPEST分析や3C分析と同時に実施し、それらの結果を踏まえてSWOT分析・クロスSWOT分析を行うと、自らが取り組むべき課題と戦略が明確に見えてくると思います。

まとめ

今回は業界の収益性とその決定要因を明らかにしてくれる5フォース分析についてご説明しました。
企業の最重要案件である収益に関して分析できるフレームワークとして重宝するはずです。
使いこなして有効な戦略を立案し、自社の収益向上に役立ててください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる